« 2018年08月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2016年06月21日

梅雨時に大活躍!ガス衣類乾燥機 「乾太くん」

梅雨・・・鬱陶しい季節。屋外でのイベントが中止になったり、外出時には傘・靴・服装に気を遣い、
食品や室内に於けるカビの繁殖が気になったりとマイナス面が多々あります。
ことさら毎日の家事に於いて、洗濯物を外に干せない、室内干しには時間が掛かる、
というのは本当に困ったものですね。

ところで、昨秋わが家でガス衣類乾燥機を設置しました。 リンナイの「乾太くん」という商品です。
kantakun1.jpg

今ではあまりに便利すぎて、無いことが考えられないくらいです!
仕事などで日中家を空けることが多い場合、出勤前や夜の洗濯・乾燥が可能なのです。
高齢の母は、重い洗濯かごを持っての一日2回の階段の昇り降りからも開放され、
朝食前には洗濯物の畳みを終えているほどです。
また、最近のコインランドリーでは主婦の利用が多くなったと言われていますが、
家にあれば好きな時に乾燥まで出来てしまいます。花粉やダニ対策にもなるので、
小さなお子様やアレルギー体質の家族にもやさしいのです。

先日の休日には、洗濯・乾燥を6回も行いました。
通常の衣類の他に、座布団カバー・コタツ掛け敷き、シーツに肌掛け(大きいものは一回一枚)。
晴天の日でも1階とベランダを往復するのが大変な洗濯を、雨の休日に出来たのです。
今までクリーニングに出していた少し厚手のものまで出来るし、柔軟剤を入れなくても
ふんわり柔らかいので、クリーニング代・洗剤代の節約にもなります。
ランニングコストは、ガス代が月1000円~1500円ほどUPしましたが、
総合的にはプラスだと思います。(イニシャルコスト別)

さて設置ですが、コンセントに挿し込むだけ、という訳にはいきません。
 ※写真は当社で施工されたお施主様の乾燥機です。
オール電化住宅でしたが、乾燥機のためだけにプロパンガスを設置しました。
ガスの配管(わが家ではガス機器用のプロパンから分岐)や排湿筒取り付けのためのダクト工事
などが必要になってきます。(リンナイさんで設置工事も行ってくれます)
初期費用は掛かりますが、本当に便利なおススメ生活家電のひとつです。   by 佐藤

※これまでのブログは、関連サイト《過去のブログ》よりご覧いただけます。

Google +1
2016年06月16日

今どき灯りスタイル-オーデリック新商品発表会-

昨日は定休日でしたが、照明器具メーカーであるオーデリックの新商品発表会に行って来ました。

新商品発表!とは言っても新しいデザイン器具のお披露目だけではなく、
タブレットやスマホを駆使して多灯を一括コントロール(ON・OFFやカラーチェンジ)
できるといったシーン別照明計画や操作性といったものまで様々でした。
メーカーのWEBサイトでまだ掲載されていない新商品をいくつか紹介します。

 
昼白色~電球色の切替だけでなく、カラフルな色にも替えられる。ミックス色にもできます。
  
空間を浮遊するようなデザイン。吹きガラスの特性を生かしたデザイン。
  
透かし模様と紙風船をイメージしたデザイン。壁に映る影がもうひとつのデザインを生み出します。
 
エジソン電球のフィラメントをLEDで再現したレトロな裸電球のデザイン。

日頃カタログで選定することが多い中、実物を見られ体験出来たのは良かったです!!  by 佐藤

※これまでのブログは、関連サイト《過去のブログ》よりご覧いただけます。

Google +1
2016年06月11日

更地からの新築スタート! どんな家ができるかな? 楽しみですね。

土地の整地~快晴の地鎮祭・青空に応援されて、
基礎工事スタート。

お施主様と設計事務所プラスインホームとのお打合せを重ね、
オリジナルの図面が完成し、形になっていきます。

工事中も”ワクワク”ですね。
さて、どんな家になるのでしょう。(続きはまた後日、乞うご期待!!)

(※なお、以前の他ブログ記事も、関連サイト《過去のブログ》よりご覧いただけます。)

Google +1
2016年06月02日

レンガの経年変化について(クイズ形式です)

『レンガの外観を見てみたい』とのご要望をいただきましたので、合わせてこちらにも掲載いたしました。

下には築2年目のレンガ外壁1つと、震災前よりのレンガ外壁が3つの合計4つの画像があります。
さて問題です。  築11年目のレンガ外壁はどれでしょうか?
   (レンガの色や目地の色は様々なので、ご注意を。)







※答え①  
(①築11年目 ②築2年目 ③築7年目 ④築7年目) 
 わかりましたか? 
 特許工法のレール式取り付けなので、地震にも強く、脱落もありません。
 また、年数が経っても質感が変わりにくく、更に年月と共により味わいが出てきます。
 メンテナンスの面では、瓦屋根とレンガ外壁は、ヨーロッパでは数百年にわたる建物も在ります。
 一般的なサイディングやタイルとは、別質な外壁です。
 プラスインホームでは、愛知県産の国産レンガを使っています。
 未来への財産として、レンガ建築を是非お勧めいたします。

Google +1

株式会社プラスインホーム

『設計から施工まで一級建築士とつくる住まい』というスタイルで、主に高級感のある煉瓦や無垢木材などの自然素材を使用した住宅の設計&建築を行っております。

-建築後の暮らしや次世代までを見据え、お客様に価格以上の《プラス》を感じていただける家づくり-は社員一同の熱い想いであります。

家づくりや気づきなど、PLUS BLOG-ぷらログ-で、皆様とシェアしましょう!

Google +1